So-net無料ブログ作成
検索選択

チャットモンチー"顔 to 顔"ツアー@新木場STUDIO COAST [LIVE!LIVE!]

久々更新。6/3(木)新木場STUDIO COASTで行なわれたチャットモンチー、「顔to顔ツアー」のレポートから。
このツアーは、今年の3月24日に発売したカップリング集「表情」のいわゆるレコ発ツアーだ。

今日はカップリングだけでセットを組むということを知らなかった僕は、てっきり有名どころも含めて構成してくるのか、と思っていたのだが、後述するセットリストを見てもらえれば分かる通り、本編は全てカップリング曲というメンバーの気合の入りっぷりが分かる構成であった。

普段のライブから考えると、でこぼことした構成となってしまうのはいささかしょうがない気もするが、結果として起伏に富んだステージングとなったことがライブ全体を最後まで飽きさせない形になったのではないかと思う。
また曲に対する思い入れの強さがそうさせるのか、普段のツアーよりも、メンバーが楽しんでいる雰囲気が伝わってきたステージだったように思う。

多少色眼鏡的な部分もあるかもしれないが、アメリカツアーを経験したということも演奏に変化をもたらしたように思う。なんというかメンバーが自信と余裕を持って演奏しているような感じ。サウンド的にも渋さが加わったような気がする。特に高橋久美子のドラムスとかは。

ライブ中盤では、企画モノとして、観客からその地域(今回でいうと東京)の特徴を表す言葉を募り、それに基づいて即興で曲を作るというコーナーが用意された。
本当に3人で曲を作る過程とはこんな感じなのだろう、という雰囲気が垣間見られたことも面白かったし、この短時間(時間にして15分くらいか?)の間に橋本絵莉子の作るメロディがしっかりチャットモンチーになっている所は正直すごい、と思った。こういうことを見せてしまう所もメンバー達の自信の表れ? なお今回出来上がった曲「沼袋ドック」も後程歌詞を掲載しておきます。

ただ、今回何も知らずにチャットのライブを始めて見に来た人(またはそれほどライブに来ていない人)にとってはやっぱりこのライブはかなり物足りないものに写ったのではないか、と思う。チャットのファンにとってメンバーがカップリングにいかに力を入れて作ってきたかということはよく知っていることだし、それを知っていてこその伝わる雰囲気だったと思う。よって今回のライブは素晴らしいものではあったが、同時に途中の企画も含めて内輪ウケ的な要素が強いライブだった。

秋口にチャットモンチーは新曲を出すそうだ。夏フェス巡りを終え、新曲をひっさげて、彼女達はまた新しい一歩を踏み出すに違いない。新しく外へ向けられた彼女達のステージを楽しみに待ちたい。

セットリスト
1.愛捨てた
2.RPG
3.手の中の残り日
4.湯気
5.小さなキラキラ
6.春夏秋
7.ドッペルゲンガー
8.片道切符
9.沼袋ドッグ
10.迷迷ひつじ
11.意気地アリ
12.コスモタウン
13.Y氏の夕方
14.リアル
15.Good Luck my sister!!
16.バスロマンス
17.three sheep

アンコール
18.Last Love Lette
19.シャングリラ
20.推進力

「沼袋ドッグ」
大泉の母(母) 高尾山登る(登る)
いけふくろう様~(様~) 稲城市に移転(移転)

池袋にある原宿ドッグ
(池袋にあるブクロドッグ)
ピーポ君は好きかな?
(ピーポ君は好きかな?)


表情<Coupling Collection>

表情<Coupling Collection>



チャットモンチーはデビューシングルから一貫して、リリースの際には本編の曲とは別にカップリングを2曲作って収めてきたが、それをまとめて1つのパッケージにしたものがこのアルバム。中にはカップリングならでは、という趣きの実験的な楽曲もあり、チャットのオリジナルアルバムでもベストアルバムでもない、一風変わったテイストのアルバムとなっている。もう1枚のディスク「横顔」には既発曲のアコースティックバージョンが収められている。こちらも今までの楽曲の新たな一面を見せる形になっている。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。