So-net無料ブログ作成

東京事変"LIVE TOUR 2010 ウルトラC"@東京国際フォーラムA [LIVE!LIVE!]

東京事変”LIVE TOUR 2010 ウルトラC”に参戦。

以下ネタバレありです。

会場に流れているる音楽がラヴェルの「ボレロ」に変わり、それが高らかに終わりを告げると舞台は暗転。メンバーが登場した。

1曲目は「勝ち戦」。林檎の少しタメを作るゆったりとした歌い方が、逆にライブへの高揚感につながっていく。浮雲や伊澤一葉のコーラスワークも美しい。
「FAIR」のイントロでは、ようこそウルトラCへ、という林檎の挨拶。
少し落ち着いた楽曲が続くのかと思いきや、ここから一気に上昇ムードへ。「電波通信」「シーズンサヨナラ」ではCD同様の、メンバーの超絶ともいっていいプレイが続く。
すると今度はお馴染みの拡声器を用いて「OSCA」そして「FOUL」を演奏。会場は一気にヒートアップした。

場面は一転。「ありあまる富」は事変アレンジで。イマサのアコギのようなインパクトのあるアレンジではなかったが、良質なロックバラードになっていた。
「生きる」では1番を林檎のアカペラで。声の限界点まで達し、ちぎれるような歌声に思わず手に汗を握って食い入るように見つめてしまう。

そしてここからは第2の盛り上がりポイント「絶対絶命」「遭難」と続く。「遭難」はキーも変わり、新たなロックサウンドとなり、またステージの後ろでいくつものサイレンがグルグルと回るという演出もあった。
ここで林檎の声をサンプリングしたSEが流れると打ち込み楽曲タイムに入り、「修羅場」「能動的三分間」「我慢」と展開。「修羅場」のディスコティークなサビや2番イントロの浮雲のギターカッティングはライブアレンジならではのグルーヴ感で、いつ聴いても気持ちがいい。「能動的三分間」では浮雲がハンドマイクでコーラスに徹していて、観客も一緒になってコーラスしていた。

ここでロックバラード「スーパースター」、「某都民」と続く。「某都民」は東京国際フォーラムということでお約束の「そうここ東京!」を観客一体で叫ぶ。アルバムでは地味な曲の位置づけだが、ライブではメンバー個々の演奏や歌が映える曲だ。

ここからライブは佳境へ。「キラーチューン」、「乗り気」と盛り上がる。「乗り気」ではステージの後ろがスクリーンとなり、フライヤーに同封のクロスワードパズルを解くことで得られるFLASHゲームのユニークな映像が流れた。特に、波の中をサメがバッタバッタと飛ぶシーンは笑えます。

本編ラストは「雨天決行」。ライブの高揚感がパッケージングされて、何かほっこりとしたものが最後に残るような、そんな終わり方だったように思う。

アンコールではアルバム「スポーツ」から本編ではやり残した「スイートスポット」「閃光少女」、そしてジャズアレンジされた事変版ともいうべき「丸の内サディスティック」を披露。
ラスト「極める」ではスモークが目いっぱい焚かれ、霧が晴れると林檎やメンバーはいつの間にか消え去っていた。(ちなみに場内アナウンスでは濃霧のため、足元に注意してお帰りくださいと注意喚起が流された)

最後に全体的なステージングについて。
照明の数は比較的少なくシンプルな構成になっていたが、レーザを多用していて、英語詞の曲ではネオンサインのように日本語の字幕を流す等があり、食べ物にちょい足しするような贅沢感があった。
MCはほとんどなかったが、逆にショーアップされたステージとなり、2時間ほぼぴったりというボリュームは、腹八分目のような飢餓感を残すが密度は濃い。
これならば2日連続で見に行ってもよかったと思うくらいだった。

セットリスト
勝ち戦

FAIR
電波通信
シーズンサヨナラ
OSCA
FOUL

ありあまる富
生きる

絶対絶命
遭難
修羅場
能動的三分間
我慢

スーパースター
某都民

キラーチューン
乗り気
雨天決行

アンコール
スイートスポット
丸の内サディスティック
閃光少女
極める


http://www.emimusic.jp/tokyojihen/
この日のライブの模様は8月にDVDとしてリリースされます。


スポーツ

東京事変「スポーツ

  • アーティスト: 東京事変
  • 出版社/メーカー: EMIミュージックジャパン
  • 発売日: 2010/02/24
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 3

ナギ

私は川口と新潟参戦でした。
川口は初日と言うこともあり、
ややグダグダ…?しかし、それはそれで
レアな部分を見られた気がしました。
新潟ではMCが少し長めで
伊澤・浮雲・刃田チームが水族館に行った話を写真付きで(笑えました)、
師匠の東京駅での出来事を
聞くことができました^^

生きる が凄くて、ライブを見てからもっと好きになりました(笑)

東京では丸サディと某都民をやったと言うことで、羨ましいです(><)

早くDVDを手に入れたいです!!
by ナギ (2010-05-15 22:47) 

mike

お久しぶりです。このツアーはチケット取れなかったので、レポありがとうございます。

前のツアーでは舞台転換に歌舞伎の手法を取り入れるなどステージングも練られていたので、今後も一層完成されて行きそうですね。次に期待(^^;

あ、前の記事で恐縮ですが、世武さんのワンマンは行きます。
by mike (2010-05-16 18:01) 

junper

>ナギさんへ

あっ、やっぱりそうなんだ・・・僕もMCはあるという情報を聴いていたんですが、僕の行った東京公演ではメンバー含めてほぼしゃべらなかったですね。
DVD化による撮影とののと何か関係があったのかなとも思いましたが。

>mikeさんへ

今回はシンプルな中に、贅沢さがあるような雰囲気のステージでした。ノリのいい曲が多かったので、そういう意味でも楽しめました。欲をいえば、ライブハウスで見たいセットリストだったなぁという所でしょうか。

世武さんのワンマン、行きたかったんですけど、今回は行けそうにないんですよ・・・残念。レポ後ほどよまさせて下さい。
by junper (2010-05-21 00:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。